ブライダルローン

MENU

結納金のお金が無い時

結婚となると、挙式の費用ばかりでなく、様々なことにお金が必要になりますが、男性にとっては結納金の出費は大きくて頭が痛いかと思います。親に頼める場合もありますが、自分で用意をする人が多いようです。

 

結納金のお金が無い時に便利なのはブライダルローンです。一般のローンよりも金利が低いブライダルローンなので、このローンの利用をおススメします。

 

結納金の額ですが、結婚指輪などは収入に応じということが多いですが、結納は収入に関係なく相場で考えることが多いです。

 

では、結納金の相場ですが、地方によって差があるので一概には言えないものの100万円というのが多いようです。

 

結納は、昔は嫁入り支度金という意味合いが多かったものです。昔の嫁入り支度というのは一生着る着物他、女の人が日常使う全てを持っていきました。

 

地方によってそれぞれですが、新潟の場合は特に派手だったようです。持たせるものが多い他、豪華さを競いましたからその費用は半端ではありません。

 

新潟では「娘3人持てばしんしょう(財産)が潰れる」と言われたほどです。

 

今でこそ結納も何かと簡略化されていますが、例えば昔の関東地方の結納では、目録と、相手の長寿を願う長熨斗(ながのし)、結納金(地方によっては帯料、小袖料他)、豪華な熨斗に包んだ勝男武士(かつおぶし)や寿留女(するめ)、子生婦(こんぶ)の縁起物他、山のような結納の品の数々が用意されました。

 

昔は結納にきちんとした決まりがあり、それに忠実に合わせたものですが、現代は比較的自由になりました。それだけにそれぞれの考えの違いというのがあり、女性と男性それぞれの考えで揉めることも多いようです。

 

それを回避するのが、新しい結納の形としてホテルなどで行う結納式です。ホテルなどに一切丸投げをするのでやり方の違いで2人で揉めることもなくすむのでお勧めです。

 

ただ男性側、特に親が気をつけたいのは「嫁をもらう」という言葉です。昔はその言葉が普通にまかり通っていましたが、品物じゃないとか、あまりにも女性を侮辱した言葉なので女性は敏感に反応してしまいます。

 

嫁ぐという意識が薄れましたし、嫁入り道具も昔のような揃え方はしませんから、結納の意味合いも薄れてきています。

 

しかし、形だけでも結納はやったほうが嬉しいという女性は多いです。費用がなかったらブライダルローンで用意をしてそれなりの結納の形を整えることをおススメします。

 

結婚するまでは、お金のことばかりでなく色々大変な事ばかりです。二人の愛情でひとつひとつ乗り越えていくようにしましょう。