ブライダルローン

MENU

結婚式の相場

結婚式に対しての考えも多様化して、あえて結婚式を挙げないカップルも増えています。

 

しかし、まだまだ結婚式を挙げるのが一般的で、本人自身は結婚式なんて無駄と思っても、世間体がとか、結婚式を挙げないのは恥ずかしいとか思い、結婚式を挙げないという選択もなかなか勇気がいるようです。

 

結婚式を挙げるとなるとまず費用が問題になってきます。出来るだけ節約したいけれど、人並みの結婚式を挙げたいとなると結婚式の相場が気になります。

 

ある機関の調査によりますと結婚式の費用の全国平均は招待人数60人に対しておよそ250万円という数字が出ています。

 

結婚式にかかる費用で一番大きいのが結婚式の費用なので、これを参考に式場やどんなスタイルにするかなどの予算を立てることができます。

 

しかし、結婚式にかかる費用の諸々もあれもこれもと、贅沢を言い始めればきりがありません。予算内で上手にやっておかないと新生活が厳しくなり、最悪、新婚生活がお金のことで喧嘩ばかりということにもなりかねません。

 

ちなみにこの結婚式の費用なんですが、基本的には先払い制となっている結婚式場がほとんどです。さすがに2〜300万円をポンと出すのも難しいと思うので、このような時にブライダルローンを利用するのがいいでしょう。

 

ブライダルローンは結婚にかかる費用なら使い道が自由なのでお勧めです。

 

相場に関しては、ウエディングのスタイルにも相場の違いが表れます。相場が高いのがゲストハウスウエディング、ホテルウエディング、レストランウエディング、リゾートウエディングなどです。

 

一方相場の低いウエディングには、お食事ウエディングや、少人数ウエディング、フォトウエディング、挙式のみのウエディングなどがあります。

 

色々なウエディングがありますが、問題は、当人同士の意見が合わなかったり、それぞれの親が納得しない場合です。

 

親にとってはそれなりの結婚式を挙げないと、恥ずかしいという面子もありますし、一方相手の親がその考えに反対の場合もあり、揉めて結婚する当人同士が悩む場合もあります。

 

結婚式場のこと、金額的なこと、呼ぶ人数のことほか色々考えると面倒になって結婚式を挙げないというカップルも出てきます。

 

ただ、現代は情報化社会で、結婚式場の費用が安くなる時を調べて少しでも結婚式にかける費用を減らすこともできます。

 

結婚式場の相場が安くなる時には、夏と冬のオフシーズンや、仏滅や先負や平日などがあります。そして、夕方からのナイトウエディングや3ヶ月以内の直近プランなら安い費用で予約することができます。

 

可能なら安いプランを探して予約するようにすればいいでしょう。