ブライダルローン

MENU

ブライダルローンの審査

今の時代は様々なカードローンを利用する人が多く、ガードローンに関しては知識もそれなりにある人が多いです。

 

ではブライダルローンに関してはどうでしょうか?

 

金利に関しては、一般のカードローンの金利よりも低く設定されていることもすぐわかる人もいると思います。しかし、低い金利設定だけに審査が厳しいと言われています。

 

審査が厳しいだけに、自分がブライダルローンを組めるかどうかあらかじめ調べておくことも必要です。

 

ブライダルローンの借り入れの流れとしては、資料を入手するか金融機関やカードローン会社のホームページから、借入ができるかどうかとか、どのくらいの金額を借り入れることが出来るか調べておくといいでしょう。

 

また、利率はどのくらいかとか、支払回数と1回あたりの返済額などを確認して無理のない返済計画を立てることをお勧めします。

 

そして、結婚するに当たって少しでも豪華な式を挙げたいとか見栄を張りたい気持ちも無理のない話ですが、結婚をしてからもしばらくは何かと出費が続きますし、そんなとき二人でお金のことで喧嘩をするようなことがあっては新婚生活もだいなしです。

 

無理のない結婚式、そして、心のこもった結婚式を計画するのが一番です。

 

ちなみに、本人が過去に金融トラブルがあったほか、様々な理由で審査が通りそうもない時は、可能なら両親にお願いして、両親の名前でローンを組み、そして両親にしっかり返済するという方法もおススメです。

 

ブライダルローンは挙式する本人だけでなく、両親が借りられるところが多くなっていますから、金利の高い一般のローンよりもお得に返済することができます。

 

しかし、くれぐれも親だからと言って甘えずに、しっかり返済するようにしましょう。

 

今はどうかわかりませんが、昔は高校などを卒業して車を買うときは親に車代を払ってもらい、親に毎月返済していた人も多かったものです。親ですから金利なしで貸してくれます。

 

車のローンは特に金利が高いので、金利なしでの返済は楽で助かります。

 

ブライダルローンを申し込むときに必要な書類などはほとんど一般のローンと同じですが、ローンの申込書や、前の年の源泉徴収票や、課税表明書、給与明細書のどれか1つと、本人が確認できる免許証かあるいは健康保険証などの写しが必要です。

 

そして、使い道を確認するための見積書や請求書、あるいは予約票などが必要になってきます。

 

使い道で認められるものはカード会社によって違い、引っ越し費用が認められないところもありますので確認しておいてください。