ブライダルローン

MENU

しっかり予算を立てて

若い男性の平均年収が下がったと言っても、一生に一度の結婚式をそれなりに豪華なものにしたいという気持ちは強く、不況にもかかわらず披露宴や結婚式にお金をかけるカップルは多いです。

 

しかし、日銀の調査では世帯の直立が減少していて、まったく貯金のない世帯も増えているといいます。若い人の直立率はさらに低いと言いますから、結婚資金を貯めるのも大変な現実が想像されます。

 

平均350万円〜400万円かかっている結婚式の費用ですが、未だに親が全額出しているケースも多く、そのような結婚式では、招待するお客さんも、親の仕事の関係の人なども多くなっています。

 

早い話しが親の見栄で豪華な結婚式にするので親が相当額負担していますが、近年の傾向として、豪華な披露宴を望むカップルも増えています。そのために不足分をブライダルローンで組みますが、ブライダルローンを利用する理由で多いのは次のようなことがあげられます。

 

貯金が出来てから結婚しようと思っていた2人が、授かり婚で急いで結婚式を挙げるようになったっ場合。あるいは親が結婚に反対しているので親からの援助はおろか、借りたくないといった場合などあります。

 

フリーローンと違って、使用目的に制限のあるブライダルローンはカードローン会社によっては許可されないものもあります。ローン会社の規定に反した使い道では審査が通らない場合も出てきますので、調べておいてください。

 

挙式や披露宴にかかる費用は、平均340万円だそうですが、多くの人が組むブライダルローンの種類には、連携型と、直接振り込み型、貸付型があり、連携型のローンは結婚式場に申し込んで組みます。

 

直接振り込み型は、ローン会社から結婚式場や旅行会社へ直接振り込まれます。貸付型が一般のカードローンと同じで、カードローン会社から本人の申し込み口座に振り込まれます。

 

使い道も細かく審査され見積書や領収書の提出を求められることも多く、一般のカードローンよりも金利が低いかわりに審査が厳しいようです。

 

なかにはローンが通らなかったり、金利をアップされるなど借り入れ条件が変更される場合もあるようですから、自分たちがブライダルローンが借りられるかどうか調べておく必要があるようです。

 

多くの結婚式場は支払いは前払いとなっているので、お祝い金を当てにするのは無理なようです。

 

結婚式全体の費用は高額なため、大雑把に必要な額を計算してしまいがちですが、どれにどのくらいの経費が必要かをしっかり予算を立てて進めていくことをおすすめします。