ブライダルローン

MENU

結婚式の費用が足りない時

結婚式・披露宴の費用が足りない、そんな時に頼りになるのがブライダルローンです。

 

結婚式を挙げる場合、どうしても多額な費用が必要となります。会場費・ウェディングドレスなどの衣装代・料理・引出物・会場装花などなど、次から次へとお金が必要になってきます。

結婚式

 

招待する人数や結婚式場によって費用は違ってきますが、全国平均では約350万円かかるとも言われています。

 

お金に余裕がある場合であればいいんですが、もし貯金などがなく費用が足りないってなった時は困りますよね。ほとんどの結婚式場が前払い制となっいるので、ご祝儀を貰ってから支払いする・・・といった事も出来ません。

 

このような時に、ブライダルローンを利用するといいでしょう。ブライダルローンとは、銀行などの金融機関から、結婚式で必要となる費用を借りる事を言います。

 

結婚式場によっては、ブライダルローン会社と提携している場所もあるので、結婚式場の担当から紹介される事もあります。

 

基本的に、ブライダルローン利用時は、お金のやり取りは直接なく、申込みして審査に通れば、ローン会社が結婚式場に直接支払うようになっています。

 

ローン利用後は、月々分割で返済していく事が出来ます。もちろん一括返済も可能となっているので、ご祝儀が思ったよりも多く全額返済出来そうといった場合は、一括返済してもいいでしょう。

 

このように、万が一費用が足らないといった場合は、ブライダルローンを利用するのもいいでしょう。

 

 

低金利カードローン

ブライダルローンを利用する前にチェックしてもらいたいポイントがあります。それは、金利です。ローンなので当然ながら、金利を支払わなければなりません。

 

この金利設定が、ローン会社によって結構高めに設定されている場合はあるので、利用前はしっかりと確認した方がいいでしょう。また、利用制限が厳しい、といった場合もあるので、あまり融通が利かない場合もあります。

 

こういった場合、結婚費用専門のブライダルローンよりも、カードローンを利用する方が便利・お得となっている可能性があります。

 

カードローンは、借入したお金の使い道が自由となっています。もちろん、結婚費用としても利用する事が可能となっていますよ。この使い道自由といった点が、カードローンの大きな特徴だと思います。

 

例えば、結婚指輪の購入費・新婚旅行の旅費・新居への引越し費用など、結婚前や結婚後にも必要となる費用に充てる事も可能となっています。メディカルローンと違い、現金を直接借りる事が出来るので、困った時に自由に使う事が出来るので便利です。

 

また、カードローンを1度発行しておくと、コンビニATMなどからいつでも借入する事が出来るのも特徴となっています。

 

金利に関しても、ブライダルローンよりも低く設定されているカードローンもあるので、こちらを利用した方がお得な可能性もあります。

 

審査時間も早く、申込みもインターネット上からスピーディーに行う事が出来るので、結婚費用が足らずに困っている時は、カードローンに申込みしてみるといいかもしれないですね。

 

お勧めのカードローン

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
低金利設定

まずお勧めのカードローンは、住信SBIネット銀行から発行されているカードローンになります。
こちらは、金利が1.99%〜7.99%と超低金利設定となっていますよ。
他のカードローンと比べても圧倒的に金利が低く設定されているので、最もお得なカードローンだと思います。
結婚費用を借りる場合、どうしても高額になってしまう事が多いと思うので、金利の低い住信SBIネット銀行カードローンを利用するといいでしょう。

金利 1.99%〜7.99%
融資額 最大1,000万円
アコム
アコム
30日間無利息

アコムのカードローンは初めて利用する方は30日間無利息で借入する事が可能です。
ご祝儀分を足せばすぐに返済出来る、といった場合はアコムで借りるのがいいでしょう。式後30日以内であれば利息0円ですからね。
申込みから借入までもスムーズで、最短だと申込みしたその日のうちに借りる事が出来るのも特徴ですよ。

金利 4.7%〜18.0%
融資額 最大500万円
みずほ銀行
みずほ銀行
安心感抜群

大手銀行のみずほ銀行から発行されているカードローンも低金利設定となっておりお勧めです。何より、安心感もありますよね。
みずほ銀行の口座をお持ちの方は、Web完結申込みの利用ができ、申込みから借り入れまでスムーズに行う事が可能となっています。
キャッシュカードがローンカードとして使用する事が出来るので、便利ですよ。

金利 4.0%〜14.0%
融資額 最大1,000万円

 

後々を考えるとカードローンが便利

ブライダルローンとカードローン、どちらを利用するのがいいのか?
上記でも書いたように、まずは金利を比較するのがいいと思います。どちらにしても借りる額が同じなのであれば、金利が低い方が絶対的にいいですからね。

 

もし、どちらもそこまで変わらないようであれば、カードローンを利用する方がいいと思います。なぜかと言えば、結婚式の費用以外にも利用する事が出来るからです。
結婚式を挙げる時って、式費用だけでなく、他にも何かとお金が必要になりますからね。

 

カードローンは、式費用以外にも利用する事が出来るので、後々の事を考えたらカードローンの方が利用しやすいのかなと思います。
もし、困った時はローンカードさえ持っていれば、申込みなど不要でいつでも借りる事が出来ますから。

 

必要ない時は、自宅にカードだけ保管しておけばいいだけですからね。
結婚生活、万が一の事を考えて、カードローンを作っておくのも一つの方法ですよ。

 

 

結婚式にかかる費用の目安

挙式・披露宴では、挙式会場費・料理・飲物・新婦衣装・新郎衣装・引出物・ブーケ・装花・スナップ写真・ビデオ撮影・映像演出・司会料などの費用が必要となります。

 

平均的には、300万円〜400万円の結婚式を挙げている方が多いみたいですね。ちなみに、招待人数は70人〜90人ぐらいが平均みたいです。

 

招待人数や料理のグレード、演出などによって料金も変わってくるので、予算の組み立ては結構難しいと思います。かといって、あからさまに予算を削った結婚式だとちょっと寂しいですよね。

 

なので、結婚式を挙げる際はまず招待人数で、ある程度の予算を立てるのがいいのかと思います。招待人数が分かれば、ある程度ご祝儀がいくらになるか計算できますからね。

 

結婚式を挙げる側が、最初にこのような事を考えるのは良くないのかもしれないですが、お金の事なので大事だと思います。
友人の場合3万円、上司・親族の場合は5万円ぐらいで計算してみるといいでしょう。

 

例えば、70人招待するとして、友人50人・上司、親族20人だった場合、ご祝儀は250万円となります。この額を目安にするといいでしょう。

 

後は、貯金額がいくらあるか。両家の親からの援助金があるか、などで結婚式の予算が決めやすい思います。
結婚式は、出て行くお金だけでなく、入ってくるお金もあるので、事前にある程度は計算しておくのがいいですよ。